原油の値動きでインド経済は大きく動く


今年の初夏までに原油価格は1バレル=147ドルまで急騰したこと
によって世界経済を大きく苦しめました。



商品市場にヘッジファンドなどの大口の投機マネーが一方的に集中
したことによるものですが、ことの発端はインドや中国などの新興国
市場での需要拡大によるものとした見方が強いです。



日本でも原材料が高騰したことによって、企業業績に大きな影響を
与えることになったわけですが、同じように原油高によるインド経済
に与えた影響も大きいかったことはいうまでもありません。



基本的にはインド国内で主要エネルギーとしているのは石炭ですの
で、先進国と比べれば石油に対する依存度は低いとされています。



しかし、今回の原油高が長い期間にわたって続いたことにより、国内
石油製品価格が極端なまでに値上がりすることになりました。



これにより、インフレ化が進み個人消費が必然的に落ち込むことに
なりました。幸いにも来年度の経済成長見通しに関しましては、今
のところは大きく下方修正するようなことはないようです。



万一、経済成長に関する下方修正が発表されることになると、ルピー
は売られ、さらに金利も低下することを余儀なくされる可能性があり
ますので、こうした点には十分注意する必要があります。



特にインド株式市場に参戦している外国人投資家の多くは常に割安
の市場を求めて世界中を動き回っています。



しばらく、インド経済が足踏みすることを余儀なくされ、インド企業にも
悪い影響を及ぼすことになれば、容赦なく売られることになりますの
で、経済指標の発表にはより注意する必要があります。







タグ:原油
posted by インド株で株式投資 at 21:44 | インドのエネルギー事業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インドの経済発展に伴う弊害



【インド株から始める株式投資入門】


インドの経済発展に伴い今現在問題視されているのが工場からの汚染
物質、車が庶民に浸透することによる廃ガスなどです。


環境の配慮から、経済発展のためだけに強引な事業拡大をおこなうこと
は当然のことながらできません。


特に化石燃料においては温暖化の元凶とされています。


環境問題についての意見交換も今回、安倍首相がインドを訪れている
重要なトピックとなっております。


そして、京都議定書のことなどで環境問題が世界的に以前にもまして
注目されるようになっています。


日本は世界を代表する高度技術を持っており、環境対策の技術において
も世界でトップクラスです。


代替エネルギーだけではなく、エネルギー使用の効率化はもちろん、
リサイクル技術や水など自然を活かした技術革新が期待されます。


こうした分野で、インドと日本は協力していくことを望みます。



応援クリックお願いします。

人気blogランキングへ

FC2ブログランキングへ



※インド株式関連の投資は自己判断・自己責任でお願いいたします。

インド株式関連の記事の誤字脱字、内容の間違いを含め、利用者
さまが、いかなる損害を受けた場合におきましても、当方では一切
の責任を負いませんので予めご了承下さい。

インド株から始める株式投資入門トップへ









posted by インド株で株式投資 at 13:33 | Comment(0) | インドのエネルギー事業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。