インドの株価指数の特徴と仕組について


今回は、インドの株価指数について解説させていただきます。今現在、インド国内には中小規模の証券
取引所を合わせると23ございます。各主要都市にあるのですが、それぞれに歴史があります。


そして、インドの代表的な株価指数はアジア最古の証券取引所として名高いムンバイ証券取引所(BSE)
SENSEX株価指数とナショナル証券取引所(NSE)のNIFTY株価指数の2種類です。


また、インド国内に存在する企業のうち約5,000社を上回る上場銘柄がムンバイ証券取引所、ナショナル
証券取引所を中心に取引されています。ちなみに、インドの株式時価総額は今現在、日本、香港に次い
でアジアで3番目の規模にあり今後の経済成長に合わせて拡大していくと思います。


ご存知の通り今現在、インドではIT・ソフトウエア関連産業が経済を支えています。SENSEX株価指数
およびNIFTY株価指数の両株価指数ともに必然的にITソフトウェア関連銘柄の比重が高くなってます。


恐らくインド株への投資を検討されている方の多くが、インドの産業に関して思い浮かべるのが上述した
IT・ソフトウェアではないでしょうか。しかし、医薬品をはじめとした医療関係も今後期待できます。


実際に今後インドの経済成長の鍵をにぎるのはIT・ソフトウェア関連事業だけではございません。インド
のような新興市場は電気やガス、水道、道路などの生活インフラが今だ未整備です。


特に地方都市では悲惨な状況にあります。こうしたことから、インフラ整備のような分野でも成長が十分
期待できるわけです。しかも、ある程度のレベルにまで整備するには膨大な時間と費用がかかります。


そして、数年後にはインフラを整備するインドの企業が巧みなM&A戦略によって世界的企業に成長して
いるかもしれませんし、また、現実にそうなりつつあります。ですので、インド株では株価指数に採用され
ている主力企業に投資することによって、日本株では考えられない大きな投資成果期待できるのです。








タグ:証券取引所
posted by インド株で株式投資 at 21:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | インド株投資の基本知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大きな損を出さないことの重要さについて


インド株への投資に限らず、株式投資でコンスタントにに利益を出すには、やはり大きな損を出さない
ことです。傷が浅ければ何度でもやり直せますが、大きいと立ち直れない場合もあります。



実際に株式投資で利益をあげ続けるのは難しく、もし、これまで狙った銘柄が連戦連勝で負け知らず
の投資家がこの世に存在するのなら十分すぎるほどの利益を得ていることでしょう。



しかし、そうはいっても投資で永遠に勝ち続けることはできません。必ず負ける時があるわけですから
ここでどれだけ損しないかが大きなカギとなります。



株式投資をはじめたばかりの頃というのは、少しでも勝ちが続くと気が大きくなってしまいますので、
気がつけば大きく勝つことばかりを考えて取引しがちとなります。



ポジションが大きくなればなるほど投資判断を下すのが難しくなります。迷いが生じるからなのですが、
そうした状況下で「いかにして勝ち続けるか」、「どうすれば大儲けできるか」と考えるよりも、「どうすれ
ば大損しないか」といったことを真剣に考えるべきだと思います。



そのためにも適切なタイミングで損きりすることが重要となります。特に昨今のように、株式市場全体
が混乱している場合には尚更のこと早い段階で損きりする必要があります。



こういったことはインド株日本株に限っていったことではありません。ベトナム株、中国株なども同様
に思惑が外れたら一旦全て決済するくらいの気持ちが大切です。







posted by インド株で株式投資 at 04:00 | インド株投資の基本知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インド株を購入する方法について



世界的に金融不安が広がっていることからインド株式市場といえども
厳しい状況にあります。ですので残念ながら今後インド株投資はより
シビアに売買しなければならないと思います。



今回は、インド株へ投資する方法について簡単ではございますが、
解説させて頂きたいと思います。いま現在、もっとも確実にインド株
への投資には以下の通りです。



●インド株ファンド(投資信託)を購入する

●ADR(アメリカ預託証券)を購入する

●eワラントを購入する


インド企業の株式を直接投資することは理想的ですが、個人が購入
することは難しいのです。(現地に銀行口座を開くなどすれば、可能
ですがやり取りは全て英語になります)



そこで、インド企業の株をまとめて、パッケージ化された投資信託や、
アメリカに上場しているインド企業の株を購入することで、インド株に
投資することが出来きると考えるのが正しいように思います。



もちろんインドの急激な経済成長が、この勢いで続くのであれば近い
将来日本の証券会社を通して、インド企業の株を直接購入出来るよう
になる可能性はもちろんあります。



しかし、そうなる前に少しでもインド経済・インド市場を通じてインドという
国を知ることが重要なので、上述したファンドを身の丈にあった投資
を心がけながら投資するのがよいのではないでしょうか。



海外ファンドのインド投資信託がおススメです。何といっても世界一
上場審査と、情報開示に関して厳しいアメリカ市場に上場している
インド企業の銘柄を中心にポートフォリオを組みます。



1年間の収支が仮にプラスにならない場合は、即刻リストラになって
しまう厳しい環境に身をおくファンドマネージャーが運用するわけで
すから、かなり高い確率で利益を出すことが期待できます。



また国内市場におきましても今後より活発に日本市場向けのインド
投資信託が販売されることが予想されます。









posted by インド株で株式投資 at 00:02 | インド株投資の基本知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インド経済の潜在的成長性について


インド経済は、90年代初頭の最悪期を過ぎてから新たな
持続的な成長期に入っていると、多くのエコノミストが
インド経済の成長性を説いています。


しかし、依然として、インド経済の秘めた潜在的能力に
ついてはまだまだ未知の部分が多いです。


GDP成長率は今現在も年率10%近くにありますし、今後
それ以上に伸びていく可能性も十分ありえると思います。



そして成長性よりも投資判断する上で重要な点について
述べさせて頂くと、下方するリスクが現段階では少ない
と考えることができる点にあります。



しかしインドの主要産業であるIT・ソフトウェアは非常
に成長性が高かったわけですが、ここにきて新しい局面
に入り、これまでのようにはいかないと思います。



しかしインド技術者に対する需要は、きつい訛りがある
ものの、英語に対して理解度が高いです。



ですので、この分野を他国にシフトするのは現状難しい
ので、依然としてほぼ独占状態にあります。



90〜92年の自由化への改革を経て、インドは大きく変り
ました。常に混乱していた政治も政治的に安定している
ほか、インドには他国が羨む3つの資源があります。


(1)天然資源

(2)人的資源

(3)資本の資源


最近は、直接投資※FDIや間接投資※FIIを通じて資金が
供給されており、国内貯蓄も潤沢にあるようです。


※FDIとは、とある国の企業が国外で現地法人を設立する
などして、既存の外国企業を買収するために行なう国際
資本移動のことをさします。


※FII=外国機関投資


長年、国内外でインド政府は批判されてきました。

現行の内閣は、この上ない布陣で構成されております。


なんといっても首相はエコミストですし、前任の財務
大臣は積極的な減税に自ら取り組みました。


そして新財務大臣は自ら”投資大臣”と呼んでいます。


インドのエネルギー効率は着実に改善しています。


大規模な停電も起こらないですし、(以前サッカーの
代表戦で、試合中停電になることがありました)。



石油高が物価に与える影響は気になるところですが、
それは他の国にもいえることですし、他国以上に経済
の活性化を図る努力が見受けられます。



通信料金の大幅な値下がりなども、その一つにあげら
れます。自由化や企業の競争で社会コストが軽減して
いるので、これが、ある程度の問題を吸収しています。


政府は安定的な通貨を目指しています。


最近は、他国の過剰な介入なしにそれが可能となって
いるので、現在不胎化政策も展開されてますし、介入
が過剰流動性を生み出すことはないように思います。



ドル安は通貨にプレッシャーを与えますが、ユーロを
含むバスケット通貨の運用で相場は管理されています
ので、対ドルレートは緩やかに上昇していくでしょう。



インドでは政府の役割が小さくなりつつあり、良しに
つけ悪しきにつけ企業のとる行動にかかっています。



インド経済の成長スピードの足を引っ張るものがあると
すれば、既得権益を守ろうとする大企業かも知れません。


【格安手数料】 楽天証券でインド株eワラントを始める!



※インド株式関連の投資は自己責任でお願いします。

インド株式関連の記事の誤字脱字、内容の間違いを含め、
一切の責任を負いませんので予めご了承下さい。

インド株から始める株式投資入門トップへ









posted by インド株で株式投資 at 18:17 | インド株投資の基本知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インドと中国の意外な関係について



今現在、インドは中国を追う形で経済成長が急激に加速してい
ますが、基本的に両国は経済構造や特徴が大きく異なります
ので、この為景気サイクルに違いがあると見受けられます。



まず中国は製造業主体でGDPの大半を閉めているのに対し、
(インドは約30%程度)、サービス産業は約30%と低いです。
(インドは過半数を占めています)



インドではIT・ソフトウェアなど第三次産業に対する比重が今
まで以上に高まることが予想されます。



また、インドは資本蓄積の面で中国に遅れをとっていますが、
人的資源は労働人口の増加ペースで上回っていることや、
天然資源は比較的豊富に存在します。



一方の中国は2010年頃から日本と同様に、高齢化問題が
表面化すると予想されています。



インド経済は、これまで主力のIT・ソフトウェアのレベルの高さ
から、技術志向が高いと評価されています。



また、資本の面では市場開放を進めて積極てきに外資を導入
する政策が始まっていますので、インド国内の株式市場へも、
海外からの資金流入が加速し始めています。



こうしたことから、かねてから期待されているリアルタイムでび
インド株を売買できる日は意外と早く訪れるかもしれません。



インドと中国は同じBRICs諸国の中でもこれまで圧倒的な速さ
で経済成長を遂げており、インドにいたっては依然として大きく
成長する可能性を秘めています。


今後のインド経済の発展に中国の力は不可欠だともいます。


【格安手数料】 楽天証券でインド株ファンド投資を始める!



※インド株式関連の投資は自己責任でお願いします。

インド株式関連の記事の誤字脱字、内容の間違いを含め、
一切の責任を負いませんので予めご了承下さい。

インド株から始める株式投資入門トップへ








タグ:中国 BRICS
posted by インド株で株式投資 at 02:41 | インド株投資の基本知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インドの文化と風土について



<1.面 積>

3,287,263km2


<2.人 口>

10億2,702万人(人口増加率1.8%)


<3.首 都>

ニュー・デリー


<4.人 種>

インド・アーリヤ族、ドラビダ族、モンゴロイド族、etc


<5.言 語>

連邦公用語はヒンディー語、他に憲法で公認されて
いる州の言語が17ございます。


<6.宗 教>

ヒンドゥー教徒82.7%、イスラム教徒11.2%、キリ
スト教徒2.6%、シーク教徒1.9%、仏教徒0.7%、
ジャイナ教徒0.5%


<7.識字率>

65.4%(01年国勢調査)


<8.略 史>

1947年   イギリス領より独立
1950年   インド憲法の制定
1952年   日印国交樹立、第1回総選挙
1990年代 インド国民会議派が長期間政権を担当
    
(但し、1977〜1980、1989〜1991年を除く)

1990年代 経済自由化政策の推進
2004年  コングレス党を第一党とする連立政権が成立


これまで、何度となく欧州の国々の統治下にあいその度に苦
しい思いをしいたげられてきたわけです。



そして、ようやく平和な時代が訪れたと思えば相変わらず隣国
との緊張した関係が続いています。



2000年代に入ると奇跡的な経済発展を遂げることとなり、今
では世界経済を支えるまでの存在になっています。


順風満帆とはいきそうにもありませんが、今後もインドの得意
とする分野を伸ばすことができれば、インドから沢山の世界的
企業が誕生すると思いますので大いに期待したいところです。


【格安手数料】 楽天証券でインド株ファンド投資を始める!



※インド株式関連の投資は自己責任でお願いします。

インド株式関連の記事の誤字脱字、内容の間違いを含め、
一切の責任を負いませんので予めご了承下さい。

インド株から始める株式投資入門トップへ









posted by インド株で株式投資 at 09:58 | インド株投資の基本知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インドの主な貿易について



<主要貿易品目>

(輸 出)

宝石、衣料、綿糸・綿布、医療品、石油・石油製品


(輸 入)

石油・石油製品、宝石類、電気製品、金、機械類



<主要貿易相手国>

(輸 出)

米国、UAE、英国、香港、独、中国、日本


(輸 入)

米国、ベルギー、中国、英国、独、スイス、南アフリカ、日本


<通貨 ルピー>

(為替レート)

1ルピー=約2.3円、1米ドル=約46.3ルピー


(経済概況)


インドは英国から独立してからは、主に重工業に力をいれ、
輸入代替工業化政策を進めてきました。


そして、1991年、外貨危機を契機として経済自由化路線に
転換することとなり、産業規制緩和、外資積極活用、貿易制
度改革、為替切り下げなどを行なってきました。



それ以降は、変動相場制移行等を中心に、経済改革政策を
断行し、結果、危機を克服しただけにとどまらず、90年代半
ばに3年連続で7%を超える高い実質成長率を達成しました。



そして、2000年度以降は、原油価格高や世界経済の減速
等の対外的な要因の影響もあって、経済成長率は2000年
から3年間は5%前後を行ったり来たりする状態でした。



しかし、2003年度は、再び8.2%の高成長を記録しました。



インドの経済規模はGDPでは世界12位ですが、成長率は
上位の国の中では中国に次いで2位です。



両国の人口は世界1、2位を競う関係にありますが、経済的
に豊かになる人も沢山誕生しましたが、依然として、地方の
農村部の人たちの暮らしは、過酷な状態にあります。



インドは2020年まで労働人口が増える唯一の国となりえる
可能性を十分秘めており、25歳以下が人口の53%です。



20-54歳の労働人口は現在の46%→2025年は51%に
推移すると、予測されています。


<PR>インド株への投資をはじめるなら松井証券!



※インド株式関連の投資は自己責任でお願いします。

インド株式関連の記事の誤字脱字、内容の間違いを含め、
一切の責任を負いませんので予めご了承下さい。

インド株から始める株式投資入門トップへ








posted by インド株で株式投資 at 11:04 | インド株投資の基本知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インド株式市場の上場企業の特徴



インド株式市場の上場企業を見渡して目を引くのは、やはり、
なんといってもIT・ソフトウェア関連の会社の多さです。



ニフティ50の時価総額でもIT・ソフトウェア産業は約20%
近くあり、インド国内産業の最大規模を占めています。



ちなみに上位にあります他の産業をみていみますと、銀行が
自動車(二輪、三輪含む)、医薬などが上位を占めます。



中国など、新興国の特権ともいえる急速な経済成長過程に
ある国と比べても、インド株式市場には、実に幅広い業種が
上場しているのも大きな特徴の一つです。



現地の投資家の間では、インド株をアウトソーシング株、内需
株、その他に大別する傾向にあるようです。



内需株の中には、セメントなどの建材・素材、建設をはじめ
とした幅広いエンジニアリング、そしてそれらを実際に稼動
する機械などの資本財が沢山あります。



アウトソーシング株は海外からの委託生産で発展する分野
で、IT・ソフトウェア産業のほかにも自動車部品、医薬品、
繊維といった産業もアウトソーシング株産業に属します。



インド株式市場の上場企業の中には、毎日の取引で出来高
が1億ドルを越えるものは200社程度あります。



各企業の事業基盤、ポテンシャルをを考えると150社程が海
外機関投資家の投資対象に値すると考え傾向にあります。


<PR>インド株への投資はクリック証券!



※インド株式関連の投資は自己責任でお願いします。

インド株式関連の記事の誤字脱字、内容の間違いを含め、
一切の責任を負いませんので予めご了承下さい。

インド株から始める株式投資入門トップへ








posted by インド株で株式投資 at 02:17 | インド株投資の基本知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インド株の投資信託について



インドの驚異的な経済成長に後押しされ、ここ数年、日本でも
中国株に迫る勢いでインド株の人気が高まっています。


これにより今まで遠い国だったインドがより身近になりました。


2004年国内初のインド株式オープン投信が設定されて以来、
インド株式を主軸とした投資信託が次々と誕生しております。


  
そして、2005年に入りますと、インドに投資する投資信託の
純資産残高は1600億円を超えております。


これは、前年同期比で600倍(!!)以上になります。


この数字を見ればいかにインドに対する投資が活発化されて
いるかお分かりいただけるかと思います。



海外経由で日本で販売している投資信託も含めると、純資産
残高は4400億円以上(異常)になるそうです。



インド株式市場は先進国と比べて相場変動のリスクが高いの
ですが、今後ますます活発化する経済成長にともない、インド
株への投資は高利回りが期待できると思います。



中国が世界の工場であるとすれば、インドはさしずめ、世界の
アウトソーシング会社といった状態にあります。



今では、インドのIT・ソフトウェア会社が世界のアウトソーシン
グ市場を牽引する存在となっています。



インドの強みは、国民の大半が英語に堪能であることと、時差
をフルに生かすことによって、実際にシステムを24時間稼動
させることが可能となっております。



こうしたことから、インドのIT・ソフトウェア会社は、世界中から
引っ張りだことなっており、実際に、ここ数年のインドの経済成
長のかなり高い部分を占めております。



この流れを受けて、世界中の沢山の投資家の資金がインド株
式市場に流入しています。



その背景には、上述したとおりインド経済が世界経済の中でも
特に好調に推移していることがあります。



先進諸国の株式市場では全般的に株価の上値が重く、資金
としての魅力が薄れてきておりますので、より一層インド株式
市場に注目が集まっています。
 


位現在、日本で販売されている主なインド株投資信託には、
国内型投資信託として以下のものがあります。


●PCAインド株式オープン

●HSBCインドオープン

●ドイチェ・インド株式ファンド


一方、外国型投信としては以下の通りです。

●インド・フォーカス・ファンド、

●インド・アドバンテージ・ファンド



「PCAインド株式オープン」は、日本におけるインド株ブーム
のさきがけとなった投資信託です。


2004年に運用が開始された当初の純資産残高は20億円
程度だったのですが、驚異的に拡大しています。



インド株の上昇や新規の資金流入で、2005年には、純資
産残高は536億円の規模に膨れ上がりました。


今後ますますインド株式市場から目が離せません。


<PR>楽天証券で外国株投資を始める!



※インド株式関連の投資は自己責任でお願いします。

インド株式関連の記事の誤字脱字、内容の間違いを含め、
一切の責任を負いませんので予めご了承下さい。

インド株から始める株式投資入門トップへ











posted by インド株で株式投資 at 17:37 | インド株投資の基本知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

株と通貨の両方で期待できる



1991年に外貨危機に陥ったために、インドでは外国為替の売買は従来にも
まして、より厳重な管理下におかれることとなりました。


しかし、新経済政策のもとで経済・外貨準備高共に順調に回復し、1993年には
為替の売買の自由化が実現されました。



これにより、インド政府による相場管理は廃止されることになりました。



現在では為替はほぼ自由に市場で売買できるようになり、中央銀行の管理下での
変動相場制が採用されています。



貿易などに伴う経常取引については完全自由化に移行してますが、インド株投資
不動産投資などの資本取引には、いまだに規制が残っています。


1991年の経済危機では11億ドルに落ち込んだインドの外貨準備高も、世界有数
の外貨準備を誇るまでになりました。



そして今後、インドのソフトウェア・IT関連の輸出は、2008年には600億ドル規模
になると予想されており、外貨準備高も今後も順調に増えいていくと予想されます。



外貨準備高が増えると、一般的に、その国の通貨が強くなることになります。



2002年の半ばまで、インドの為替当局が市場加入し、市場の安定を図ってきまし
たので、そのさい、ドルに対して徐々に切り下げるような政策がとられていました。



しかしその後、ドルに対して徐々に切り上げの方向で相場が動いています。



このような現象がおきているのは、インドの経済収支や外貨準備高の改善を背景に、
市場がインドルピーを評価しているからです。



この傾向は今後も継続されることが予想されます。



インド株に投資すれば、株価の上昇とインドルピー高の両方のメリットを受けることが
できる可能性が高く、海外の投資家にとってみれば、為替の面からもインドは非常に
魅力的なマーケットです。




※投資は自己判断・自己責任でお願いいたします。
 サイト内の記事の誤字脱字、内容の間違いを含め、利用者
 さまが、いかなる損害を受けた場合におきましても、当方
 では一切の責任を負いませんので予めご了承下さい。

インド株に乗り換えよう!!インド株入門トップへ








posted by インド株で株式投資 at 19:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | インド株投資の基本知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。