大きな損を出さないことの重要さについて


インド株への投資に限らず、株式投資でコンスタントにに利益を出すには、やはり大きな損を出さない
ことです。傷が浅ければ何度でもやり直せますが、大きいと立ち直れない場合もあります。



実際に株式投資で利益をあげ続けるのは難しく、もし、これまで狙った銘柄が連戦連勝で負け知らず
の投資家がこの世に存在するのなら十分すぎるほどの利益を得ていることでしょう。



しかし、そうはいっても投資で永遠に勝ち続けることはできません。必ず負ける時があるわけですから
ここでどれだけ損しないかが大きなカギとなります。



株式投資をはじめたばかりの頃というのは、少しでも勝ちが続くと気が大きくなってしまいますので、
気がつけば大きく勝つことばかりを考えて取引しがちとなります。



ポジションが大きくなればなるほど投資判断を下すのが難しくなります。迷いが生じるからなのですが、
そうした状況下で「いかにして勝ち続けるか」、「どうすれば大儲けできるか」と考えるよりも、「どうすれ
ば大損しないか」といったことを真剣に考えるべきだと思います。



そのためにも適切なタイミングで損きりすることが重要となります。特に昨今のように、株式市場全体
が混乱している場合には尚更のこと早い段階で損きりする必要があります。



こういったことはインド株日本株に限っていったことではありません。ベトナム株、中国株なども同様
に思惑が外れたら一旦全て決済するくらいの気持ちが大切です。







posted by インド株で株式投資 at 04:00 | インド株投資の基本知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。