インド株ADRの取引の仕組みについて



実際に、インド国民以外の外国人個人投資家が、インド株に投資する場合において、最も一般的で
手ごろなのがADRです。そしてADRとは(American Depositary Receipts:アメリカ預託証券)です。

【PR】 CFDは業界最狭水準スプレッド!取引手数料0円!



ちなみに、預託証券とは外国で株式を売買する為の方法の一つです。直接株式市場に上場するには、
それぞれの国の法律の問題もありますので、決して容易ではないのです。こういった場合において
株式を直接上場するのではなく、現地の金融機関(銀行など)にまず株式を預けます。


その株式の「1単位、複数単位、あるいはその一部に対して、正確な所有権を示す米ドル建て記名式
譲渡可能預かり証書を発行すれば、米国で米国株式に投資するように投資することが出来ます。


ようは、株式の権利を証券にすることにより、外国の株式市場に上場します。もともとADRは1928年
にアメリカ人投資家が、外国株式へ投資することを簡便化するために作られた制度です。


ドル建てによる売買及び配当支払いが可能なため、その後、大きく発展し、今ではすっかり一般的
な投資手段になりました。また、投資される側の企業にとっても大きなメリットがございます。

海外ETF投資入門



何といってもアメリカでの知名度が向上し、資金調達のための手段として利用されています。


ADRの発行会社に対しては当該外国企業に関してアメリカ企業なみの厳しいディスクロージャーも
求められます。例えばニューヨーク証券取引所や、ナスダックに上場されるADRの発行会社は最低
でも中間、年次での企業情報開示を行わなければなりません。


ですので、一定の情報の信頼性があるといってよいでしょう。


インド株のADRも同様で、ADRによる投資で安心できる点はアメリカの証券取引所の厳しいルール
で審査されます。そしてアメリカの会計基準に準拠した会計情報が開示されていることです。


ADRとして上場しているインド企業は、一定の基準をクリアした優良企業と捉えることができます。

【PR】 インド株取引は各種手数料が激安なCFDが断然お得!









posted by インド株で株式投資 at 06:59 | インドADRについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。