インドADRの特徴とADRの仕組みについて


我々日本人投資家がインドの個別銘柄に投資するにADRを取引する意外に手段はありません。ADRは、
”American Depositary Receipt”の略称で、原株を米国の銀行、もしくは信託会社に預け入れます。


そして、その信託財産を元にして原株とほぼ同等の権利及び価値の米ドル建ての有価証券を取り扱って
いる米国内の銀行や信託銀行よって、預託証明書【Depositary Recipt】を発行し流通させています。


もっとADRについて大雑把に解説させていただくと、外国企業や、外国政府もしくは米国企業の外国法人
子会社などが発行する有価証券の一部に対する所有権となっています。


なぜ、米国市場では、このような形の金融商品を販売するのかといいますとそれなりの理由があります。
まず、ADR発行の本来の目的は外国企業が米国市場に上場、登録する際に通常ですと米国市場で
定められている情報開示や、管理事務などで多大なコストや事務手続きが生じます。


しかし、ADRの場合であれば比較的簡単に上場、登録することで投資家の便宜を図ることがあります。
米国では沢山の外国企業の株式がADRと言う形で取引されており、日本の企業も数多くあります。


主な取引の特徴としましてはADRに対し、原株何株に相当するかを示す、原株比率が発行時に取り決め
ます。基本的にADRの価格は、その企業の本国での株価の変動が大きく影響します。


企業の本国の通貨の変動及び米国ドルの変動の影響を受ける形になります。NYSE(ニューヨーク証券
取引所)もしくは、Nasdaq(米国店頭株式市場)に上場されているADRの発行会社に関しましては最低
でも中間、年次での企業情報開示が求められています。








タグ:ADR 銀行
posted by インド株で株式投資 at 21:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | インドADRについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。