インドの寺院で1.8兆円の秘宝が見つかる



いや〜驚きました。世紀の発見といえるかもしれません。


インド南部にあるヒンズー教のスリパドマナバスワミ寺院で、時価にして5000億〜1兆ルピー
(約9100億〜1兆8200億円)もの秘宝が発見され、世界中で大きな話題となっています。


秘宝の中身について正確な報道はなされていませんが、金銀財宝が沢山見つかったようです。


そうしたなか、最高裁は秘宝の中身があまりにも膨大な金額であることから、管理人の選定
を急ぐように促したようで、今後しばらく世界中から注目を集めることになりそうです。



「転載開始:時事通信」

『寺院から1.8兆円の秘宝=最高裁、管理人選定求める―インド』
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110707-00000014-jij-int


インド南部ケララ州にあるヒンズー教のスリパドマナバスワミ寺院から先週、時価5000億〜
1兆ルピー(約9100億〜1兆8200億円)に上る秘宝が発見された。


あまりに巨額で、最高裁が6日、直ちに管理人を選定するよう求める騒ぎになっている。


見つかった秘宝は、同州にかつて存在した藩王国時代に、信者から寄付された金銀や宝石
が貯蔵されたまま忘れられていたものとみられている。最高裁は、寺院管理団体、旧藩王家、
ケララ州のいずれに所有権があるのか決めるよう要請されていた。 

「転載終了」


世紀の発見により、名もなき村が一躍世界で注目を集めることになったわけですが、話題性
だけで十分大きな観光資源となりそうですね。先人は偉大な財産を残してくれました。


これだけで、この村は永遠に繁栄し続けるかもしれませんね。









posted by インド株で株式投資 at 14:57 | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。